宝くじの確率を別の出来事で例えてみました

宝くじの確率

今回はちょっとしたネタ記事です。

宝くじは中々当たらないものです。そこで、宝くじが当たる確率を日常にある出来事で例えてみました。

しかしこの日常にある出来事で例えると、宝くじを購入したい気持ちがなくなりますね(苦笑)

宝くじの確率

宝くじの高額当選は誰もが憧れるものです。

購入した日から当選発表日まで「もし6億当たったらどうしよう」などと皮算用する人も多いでしょう。むしろ、全く当選したときをのことを考えない人はいないでしょうね。

宝くじはお金だけでなく夢も与えてくれるものですから(笑)

ここで気になるのは「確率」です。

もっとも気になる1等の当選率。

TOTOBIGの当選確率が470万分の1

サッカーくじの当選確率が640万分の1

ナンバーズの当選確率が1万4000分の1

ミニロトの当選確率が169万分の1

ロト6の当選確率が609万分の1

ロト7の当選確率が1029万分の1

年末ジャンボの当選確率が1000万分の1

夢がちょっと壊れてしまいますね。さすがに当てるのは難しいといったところでしょうかね。これが宝くじの確率が1等になる確率です。確率の分母が高すぎてまったくわからないですよね。

確率あれこれ

雷に打たれる確率         約1000万分の1

今年交通事故に遭って負傷する確率 約100万分の1

今日交通事故に遭って負傷する確率 約500万分の1

飛行機墜落の確率         約20万分の1

隕石に当たる確率         約100億分の1

四葉のクローバーが生まれる確率  約10万分の1

白いバッファローが生まれる確率  約600万分の1

DNAが一致する確率        約1000億分の1

参考になるかは不明ですが、このようになっています。

ジャンボ宝くじと一番近いのは雷です。

もっとも確率が低いのはDNAが一致する確率ですね。

だからこそ、DNA鑑定が非常に効果があるのですね。ただ、このDNA鑑定は以前のもので最近のDNA鑑定はさらに精度が上がっているようです。

こちらは余談でしたかね。

しかし比較したところ意味はあるのか(苦笑)

基本的には当たらないもの

宝くじは基本的には当たらないものです。

買わないと当たらないのは当然ですが、確率を見てわかるように普通は当たらないものなので当たった人は本当に幸運といえます。

現実で起こりそうなのは交通事故ですが、確率を比べてみると大きくかけ離れていることがわかります。

じゃんけんで比較

最後にくだらない比較を。

じゃんけんで比較してみましょう。じゃんけんで1回の勝負で勝つ確率は3分の1です。

10回連続で勝利する確率は約5万9千分の1です。

14回連続で勝利する確率は470万分の1になり、15回連続で勝利する確率は約1400万分の1となります。

こう考えると身近になったでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました