宝くじって税金は掛からない?翌年の住民税はどうなの?

宝くじと税金

さて、今回は宝くじの税金についてです。

宝くじが非課税であることは多くの方がご存じでしょう。

しかし、所得税が掛からないといっても翌年についてはどうでしょうか。今回はその辺りについて詳しく触れていきたいと思います。

翌年の住民税は?

先に結論からいいましょう。

住民税は高くならない”です。

所得税はかからないけど住民税はかかると勘違いしている方がいますが、前年所得税に対して住民税は課税されます。

よって、所得税がかからなければ住民税もかからないのです。確定申告も必要ないし、6億円当選したら6億円まるまるもらえます。

高額当選でも同じです。

宝くじで何億円当たっても、非課税扱いです。当選した時には、銀行で「当選証明書」をもらうのが基本です。

税務署から指摘を受けた場合などは、この証明書を提示すれば大丈夫です。ただし、当選金が非課税になる基本として「当選者名簿」に記載されることが条件です。

これは当選し、換金時に記載することになるので心配はいらないです。

どうして非課税なの?

非課税な理由ですが、宝くじを買った時点でその金額の約40%が収益金として、販売元の自治体に納められているからですね。

そういった意味では「税金はかかるものの、当選金にはかからない」という表現が正しいのかもしれないですね。

300円の宝くじを10枚購入した場合、購入しただけで、40%の1200円を税金として納めていることになります。競馬や競艇などは一時所得としてみなされるので

冷静になってみると結構な額ですね(苦笑)

余談ですが、宝くじはよくギャンブルとカウントされますが、競馬や競艇などは一時所得としてみなされるので厳密には異なります。

ということで、最終的に言えるのは・・・

宝くじは当選したら非課税であるってことです。ただし、贈与税はかかります。これだけは覚えておいてくださいね。

贈与税について

宝くじの税金において最大の注意点です。贈与税はかかります。

そして、贈与税の最高税額は50%です。

この点には重々注意してください。宝くじが”税金なし”と考えているとうっかりハマってしまう可能性があります。両親に「1億円おすそ分け」と渡してしまうと結構取られます。

この対処法ですが、宝くじを共同購入にすることです。

つまり、お金を元々自分と母親が出し合って購入した、という旨を銀行に換金に行く際に伝えます。母親が銀行に行けない場合は委任状を持っていきましょう。

贈与税はどれくらい?

注意すべき贈与税です。

贈与税は110万円以下の金額には課税されませんが、それを超える金額については贈与税が掛かります。金額が多ければ多いほど、税率があがります。

税率の計算方法と実例

平成26年までの速算表

区分 200万以下 300万以下 400万以下 600万以下 1,000万下 1,000万超
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 50%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 225万円

1000万円を贈与する場合・・・

(1000-110)×40%-225=131
131万円の贈与税が必要です。

1億円を贈与する場合・・・

(10000万円-110万)×50%-225万円=4720万
4720万の贈与税が必要です。

ちなみにですが、平成27年から計算方法が変化します。

平成27年からの速算表

区分 200万下 300万下 400万下 600万下 1,000万下 1,500万下 3,000万下 3,000万超
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

速算表の引用元 https://isansouzoku-guide.jp/zouyozei-zeirit

これらを参考にしてください。

贈与税は下手をすると非常に高額になってしまうので、注意してください、贈与税が発生するくらいの高額当選をしてみたいものですね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました