宝くじで高額当選したらどうすればいい?税金は発生するの?

高額当選

今回は宝くじで高額当選を果たした場合について説明します。

宝くじで仮に6億円が当選した場合ですが、中々人には言いにくいですよね。

大金は人を変えますし、変なトラブルに巻き込まれる可能性もありますからね。なので、今回は高額当選した場合の手順と方法について説明したいと思います。

高額当選した場合

高額当選した方、おめでとうございます。

高額当選を果たしたら場合に気になる点がいくつかあります。

換金できる銀行はどこ?

ネット購入の場合は?

当たった証拠は宝くじの紙だけを持っていけばいいの?

税金と贈与税は?

金額は当日に現金で受け取るのか?

この辺が疑問点でしょう。

気になる人も多いではないでしょうか。

誰かに説明してもらうことでもないですし、最初から知っているというケースもないでしょう。この質問に関して1つずつ回答をしていきましょう。

換金できる銀行と持ち物について

高額当選で換金できるのは「みずほ銀行」です。

1万円以下ならどこの銀行でも換金可能で、「5万円マーク」が表示されている宝くじ売り場では5万円まで換金できますが、それ以上の高額当選に関しては全てみずほ銀行のみ換金が可能です。

この換金についての詳しい情報は別の記事で紹介しています。他では見られない「億の部屋」が見られる可能性がありますね。これは一見の価値がありますよ。

では、もし高額当選した場合の持ち物はどうする?

当選した宝くじは当然必要な持ち物です。さらに、本人が確認できる書類と印鑑が必要ですね。これは50万円以上の金額が当選した場合に必要です。

そこで高額当選者証明書などを貰う運びとなります。基本的には「高額当選→みずほ銀行→指示に従う」で大丈夫です。

ネット購入の場合

最近ではネットで購入する方も増えています。

ネットの場合では楽天銀行などを経由して購入しているので、わざわざ出かける必要はありません。

基本的には2営業日後に楽天銀行の銀行口座に営業時間から順番に自動振込みされます。自動で振り込まれるのは嬉しいですね。

楽天銀行の場合は、当選通知書というものが楽天銀行から郵送されて当選通知書が高額当選者証明書と同じ法的効力があります。

高額当選者にのみ送付される『その日から読む本』は1000万円以上当選したら楽天銀行から自宅に郵送されます。

税金と贈与税について税金について

宝くじに「税金は掛からない」ので安心してください。

これは法律で決まっていることで「当選金品については、所得税を課さない」としており、当選金に関しては非課税と決まっています。ご安心ください。

贈与税についてですが、高額当選をすると「両親に2億くらい分けよう」と考える人がいるでしょう。贈与税についてですが、発生します。

1年間に合計110万円以上の贈与を受けた場合、もらった側に発生してしまいます。ここは気をつけたいところですね。

現金で当日に貰えるの

最も気になるところではないでしょうか。

答えとしては「微妙」です。

その日のうちに受け取れるのは「100万円」が限度です。

それを超える高額配当は、後日現金渡し、もしくは振込となります。

その後日というのは気になるところですが、これは金額によって大きく変動します。6億円程の金額になれば1週間~1ヶ月ほど必要となる場合があるようです。

ただし、この期間に関してはバラつきがあるので注意が必要ですね。あくまでも参考程度にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました