宝くじの買い方は?初めて購入する初心者は店舗購入がおすすめ

宝くじの買い方

夢を求めて宝くじを購入する。

これは多くの人が思っていることであり、ジャンボ宝くじで1等を当てれば左手うちわで生活することができます。

1等とは言わなくとも2等でも十分に生活にゆとりが持てますね。夢抱く者たちが購入する宝くじ。今回はこの買い方について説明します。

宝くじの買い方について

初めて購入する際に気を付けたいこと、初心者が心掛けたいこと。

まずもって、宝くじの購入方法についてですが、いくつか方法があります。

そもそも宝くじには無数の種類があり「ジャンボ宝くじ、toto、totobig、ロト6、ナンバーズ、スクラッチ」など厳密にわけるとその数はかなりのものになりますね。

ただし、基本的には4種類です。

ジャンボ宝くじ・通常宝くじ・スクラッチくじ・数字選択式くじ

これらの種類です。

数字選択式というのは(ロト6、ナンバーズ)などがそれに当てはまりますね。年末ジャンボ、サマージャンボしか購入しない人にとってはあまり親しみがないかもしれないですね。

宝くじの購入方法4つの種類がある宝くじですが、購入する方法は大きく分けて2つです。

直接売り場に行く方法

ネットを経由して購入する方法

直接売り場に行く方法

直接売り場に行く方法はそのままですね。

全国にはいくつもの宝くじ売り場がありますね。購入方法は簡単で、店舗で「○○ジャンボを10枚ください」と言うだけです。

欲しい宝くじの種類と欲しい枚数を発するだけですね。その後にジャンボ宝くじならば「連番orバラ」を言うだけです。それ以外の宝くじならば購入口数を言うだけです。

非常に簡単です。

ネットを経由する購入方法

こちらは限定的です。購入できる機関が限られています。

具体的には「みずほ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行」などの金融機関がそうです。購入代金は口座からの引き落しで、当選金は自動的に口座に振り込むという形になるのが基本です。

とてもわかりやすく、面倒臭くないのでオススメ(‘ω’)ノ

ただし、ネットで購入する場合は口座が必須となることは覚えておきましょう。

ネットで購入する場合は銀行によって購入できる宝くじが異なります。ジャンボ宝くじを購入できる機関もあれば、数字選択式だけしか購入できない銀行もあります。

初心者はどうすればいい?

初心者の方の購入についてですが、売り場にいく方法が手間なく簡単に行えます。

売り場に向かい「○○ジャンボ10枚ください、連番で」と伝えるだけですからね。

ちなみにジャンボなどでは「連番とバラがあります」が好きな方を購入して大丈夫です。連番はセットで購入となり、バラで購入する場合は1枚からでも購入可能です。

ネットで購入する場合には口座の開設が必要となります。この場合は多少面倒なので別の記事で詳しく説明します。

初めて購入する場合には店舗買いが面倒ではなく安全で、オススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました