当たる宝くじ売り場はどこ?皆はどこで購入しているの?―東海地方編―

スポンサーリンク

口コミで人気の宝くじ売り場を紹介します。

今回は東海地方ですね。いろいろな意見を上げてもらいましたが”チャンスセンター”で購入するという意見がかなり多いようですね。それだけ優良ということでしょうか。

名駅前チャンスセンターでチャンスを狙う

ジャンボなどの金額が大きい宝くじは名駅前チャンスセンターで買います。

ここでかなり高額当選の実績があると評判ですので買うのですが、売り出す枚数が多いからそういう結果になるのかもしれません。あと通勤途中にあるというのも買ってしまう理由です。

買う気持ちが無くても、本日大安などというプラカードをもって呼び込みのおじさんに声をかけられるとつい足がその方向に向かってしまいます。JR、近鉄、名鉄の総合駅なので人通りも多いので、すぐ行列ができるんです。

これも人間の習性でしょうか、自分も行列に並んでしまうんですね。東海地方ではかなり有名な宝くじ売り場なので、誰もが一度は購入してみるのではないでしょうか。名前のようにチャンスが訪れるといいのですが。

愛知県の超有名宝くじ売り場

愛知県に住んでいる人なら、誰でも知っている宝くじ売り場が名古屋駅に2箇所あります。

ひとつは、駅の1階にある名駅前宝くじチャンスセンター、もうひとつは、駅の地下にある名鉄観光名駅地下支店宝くじセンターです。このふたつのセンターは、駅の1階と地下という上下の差はありますが、驚くほど近くにあります。

ジャンボ宝くじは、名古屋駅を通る人ならまずどちらかで買うのではないでしょうか。ジャンボ宝くじの発売時期は、両センターとも異常に混雑します。こんなに多くの人が買うのに当たるわけないと思いながらも買っています。両センターとも大当たりが頻発することで有名ですが、これだけの人が買っていれば誰かは当たるだろうという気がしないでもありません。

ちなみに、僕は通り道の関係で、いつも地下で買っています。

 東海地方の宝くじ売り場

名駅前宝くじチャンスセンターで買っています。全国屈指の当選実績があるからです。

2013年には7億円が1本出ています。くじ運があまりなくてもここで買えば当選できるような気持ちになります。ジャンボ宝くじが発売されている期間は夜8時まで営業しているので仕事帰りでも買うことができます。

栄エンゼルチャンスセンターでも買います。

松坂屋の北館地下1階にあります。

地下に移動してから高額当選が出るようになったそうです。地下は地上と比べてツキが逃げにくいからかもしれません。2013年に二人高額当選者が出ています。この売り場でジャンボ宝くじを買えば億万長者になれるかもしれないという期待感があります。

カレンダーで大安の日を調べてから買いに行っています。

静岡県浜松市のマスミというところは有名です

宝くじを買うところといえば、やはりよく当たるといわれるところを選びます。そして、わたしの住んでいるところの近くで有名なところといえば、やはり浜松市のマスミというところだといえます。

ここは、とにかく高額当選がたくさん出たことで有名です。そして、年末ジャンボの時期などになると、大勢の人たちが買いに来ます。そして、とても混雑します。近所の道で渋滞が起きるほどです。

そのくらい、人気があるということでしょう。

また、宝くじを購入すると、縁起のいいデザインの布袋をいただけます。当選発表を待つ間は、その袋に宝くじを保管しておくといいみたいです。宝くじを買いに来る人で混み合っている様子は、なんとなく、自分にも幸運が訪れるような気がします。

ららぽーと磐田の中にあるチャンスセンター

私がよく宝くじを買うのは、ららぽーと磐田の中にあるチャンスセンターです。ららぽーとによく行くというのもあり、買いやすいです。また、ここで販売しているオバチャンがどなたも割とふくよかで、笑顔が優しいというのがまた良いと思ってます。

やはり痩せていてブスっとした人のいる売り場からはアタリが出るとは思えません。

時々大当たりがあるようで、掲示がされています。隣に銀行ATMがあり行列が出来るのですが、売り場の壁に宝くじやロト6のCMを流す液晶画面があり、現在放映中のCMが順々に流れていき、見たことの無いCMもあって待っている間に眺めていられるのも楽しいです。

場所が良いせいか、買っている人も多いですよ。年配の人はあまり見かけず、主に、ファミリー世代が多いと感じます。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る