当たる宝くじ売り場はどこ?皆はどこで購入しているの?―東京都編―

スポンサーリンク

宝くじ売り場についてです。

宝くじは同じ場所から高額当選するという特徴があり、人気のある宝くじ売り場は当選口数の多い売り場となります。今回は多数の方に東京都で購入する際はどこで購入するのがいいのか聞いてきました。

宝くじといえば西銀座チャンスセンター

私が宝くじを買うのは年に2回。サマージャンボと年末ジャンボです。

必ず買うお店は、西銀座チャンスセンターの1番窓口です。よくテレビに出る、有楽町の高架下のお店ですね。サマージャンボも年末ジャンボも買う人がたくさんいるので、列が長いとルミネの方まで伸びます。

大体1時間から1時間半くらい並びます。

夏は暑いし、冬は寒いし・・・。

ここの1番窓口以外は、そんなに並んでいないのでそちらに並んでしまおうかとも思ったりしますが、夫が場所にこだわっているのでここで買っています。もう数年来ここで買っていますが、一度だけ当たったことがあります。

5万円ですが。

もっと高額なのが当たったらいいなあと思いながら、今年の夏も並ぶ事でしょう。

宝くじ売り場(チャンスセンター)について

私は、定期的にジャンボ宝くじの購入をしています。近年では1等前後賞合わせて7億円ともなるジャンボ宝くじもあり、数年前までと比べて随分高額な当選金額になりました。

誰しもが、億万長者を夢見て購入するのだと思います。私は宝くじを購入する場にこだわりがあります。東京都の銀座チャンスセンターです。

この場所は過去に億万長者が数百人誕生している有名な宝くじの発売所で、確かに、それ相当の販売数があるためかもしれませんが、年末ジャンボ宝くじの時などは大晦日までワクワクし、その日を迎えることが定番になっていますが。しかし3000円の当選が過去最高金額というのも残念な事実です。

特に宝くじ売り場での購入に意識していることは大安の日に購入することです。毎度、大量の枚数を買う予算はありませんが、夢を見ながら少量の枚数を買い続けています。

毎回同じところで買うとは限りませんが

子供と月一の割合で銀座に出かけます。どうしても急ぎで宝くじを買いたい時には、地元のみずほ銀行に入っている宝くじ売り場を利用しますが、そうでもない時には銀座へ出かけた際に買うようにしています。

チャンスセンターはいつも大混雑しているので近寄りません。銀座駅の地下通路にある小さな売り場で買っています。銀座4丁目交差点から数寄屋橋方面へ向かう地下にあります。

以前、3千円、1万円と小さなあたりが出たことがあったので、ジャンボ宝くじが売られる時に気が向いたらここで買うようにしています。いつもバラで10枚しか買いませんけど、チャンスセンターでわざわざ並んで買っている方の中には、数百枚単位で買ってらっしゃる方もいて、それだけ買うお金が勿体ない!と他人ながらに思ってしまいますが…それだけ買って、当んなかったらどうするの?と。

お金持ちのすることは、よく分かりません…。大きなお世話かな?

憧れの西銀座チャンスセンター、一番窓口!

宝くじに興味がある人なら、誰もが知っている西銀座チャンスセンターの一番窓口。ここで年末ジャンボ宝くじを買ったことが一度だけあります。

しかもそれが、生まれて初めて買った宝くじです。学生時代、偶然近くを通りかかった時、友人の一人がここは有名だから、並んでみようと言いました。今、思えば、随分酔狂なことをしたものだと思います。

友人数人で、どれくらい時間、並んだか記憶にないくらい並びました。一緒に待つ友人の中に好きな人がいたのも理由の一つだとは思うのですが、ドキドキ、わくわくしながら順番を待ちました。結果ははずれでしたが、今でも、年末にあそこの近くを通ると、あの時のことを思い出します。宝くじはもちろん当たることを願って買うのですが、それだけでなく、あのドキドキとわくわくも一緒に買っているのだろうなと思います。

宝くじは縁起の良さそうなところで

普段、宝くじを買う時は、ナンバーズや100円くじなどなら、特に気にすることはなく家から近い売り場や、通りかかったところで買っています。

年末ジャンボなどの大きい宝くじは、やはり売り場を気にしてしまいます。実際に選んでいるのは、高額当選が出やすいと話題になっているところや、宝くじ神社と書いてあるところです。

この宝くじ神社、普通の売り場となんら変わりはありませんが、やっぱりそこは縁起を担ぎたいので、少しでもご利益ありそうな売り場を選んでいます。やっぱり他の売り場よりは人気があるし、話題になっていますよ。売り場で言うと、遠方なので購入できませんが、話題の売り場で購入してみたいですね。

例えば、東京は江戸川区の小岩井駅南口の売り場、何かと話題ですよね。こういう売り場で買ってみたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る