ジャンボ宝くじとロト6で1等の当たる確率が高いのはどっち?どっちを買ったほういいの?

スポンサーリンク

今回は宝くじの中でも人気のある「ジャンボ系」と「ロト6」の確率について触れていきたいと思います。

どちらも高額当選が期待できることもあり、多くの人たちに愛されていますね。

しかし、1等が的中する可能性はどちらが多いのでしょうか。今回は双方の宝くじを比較し、1等が当たりやすいのはどちらかについて深く掘り下げたいと思います。

ジャンボ宝くじとロト6の1等確率は?

ジャンボ系の宝くじとロト6の1等確率を早速比較していきましょう。

年末ジャンボ・・・1000万分の1

ロト6・・・約600万分の1(正確には609万6454分の1)

こうなっています。

ロト6のほうが当たりやすいというのがわかりますね。年末ジャンボは1枚300円、ロト6は1口200円です。値段面でもロト6のほうに軍配があがりますね。

ジャンボ宝くじとロト6の1等金額

次に1等の金額についてです。

年末ジャンボ・・・5億円(前後賞を入れると7億円)

ロト6・・・約1億円(こちらはキャリーオーバーで金額が変動しますが、最高で3億円程度)

当たりやすいですが、当選金額のほうはジャンボが上ですね。

これは当然でしょうかね。さすがにこれでロト6のほうが上ならば誰でもロトのほうを購入しますからね。

以上が比較となります。

結論ですが、個人的にはやはりジャンボを狙ったほういいと思います。仮にロト6が当たったとしても億万長者になれない可能性があります。前後賞なしでも5億円あれば楽しく暮らせますよね(笑)

ただ、ジャンボはその性質から決められた期間しか購入することができないのが難点ですね。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る