宝くじを買う日はいつ?縁起を担ぐことと真実について

スポンサーリンク

宝くじを購入したい。

しかし、どうせ購入するのならば縁起を担ぎたくなるものですね。冠婚葬祭もそうですが、日本ではこういった行事には”いい日”を選ぶという特性があります。

折角宝くじを買うのならば当たりやすい日を選びたいものです。

ただし、この当たりやすい日というのは攻略法というわけではなく「オカルト要素」も多分に入っています。むしろオカルト満載ともいえますかね。

宝くじを買う日はいつがいい?

通常ですと”大安吉日”を選ぶ人が多いと思います。

宝くじ売り場でものぼりを見かけることがありますし、この大安吉日を選ぶというのは正しい選択のひとつです。

逆に全く気にしないという方もいます。仕事が休みだから、たまたま通りがかったから購入するという人ですが、こちらも正しい選択のひとつです。ふと宝くじ売り場が目に留まったのであれば、それは運命のようなものですからね。

ですが、きっちりと曜日を狙って購入したい方もいます。

縁起のいい日

一粒万倍日 一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味です。
一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。
大安 こちらは「大いに安し」という意味です。六曜の中で最も吉の日とされる。
何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多い。
天赦日 この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦す日とされている”最上の大吉日”です。

真実はどうなの?

上記のような日を選択して購入することは確かにオススメです。

縁起を担げますからね。

ただ、ひとつ言っておくのは縁起のいい日は「自分だけが縁起がいいわけではない」です。

宝くじはBIGのような全員に1等が的中するものもあれば、ジャンボ系のように決まった数人しか当選者がいない宝くじもあります。全員が縁起を担いでも当たる人数が決まっています。

なので、好きなタイミングで購入してもいいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る