宝くじの買い方にコツは?当たる確率をアップさせる買い方がある?

スポンサーリンク

今回は宝くじの買い方のコツについてです。

宝くじを購入して外れることを願う人はいないですよね?

といっても、基本的に宝くじは”運”の予想が強い(数字選択式で対戦を予想するものなどは除く)ので、あくまで当サイトで紹介するのは”コツ”というだけです。それを踏まえて参考としてご覧ください。

実は、宝くじの高額当選者にはある特徴があります。

それは、圧倒的にリピーターが多いという点です。まるで当選する方法を知っているかのように同じ人が高額当選を果たしているのです。無論、最初にたまたま当たったことで「次も当たるかも・・・」と当選金額の何分の一かをつぎ込む人もいるでしょうが、コツや共通点も存在しているようです。

当てたい宝くじの代表と言えば「○○ジャンボ」ですよね。

試合結果を予想するタイプの宝くじ(具体的にはtoto)は運よりもしっかりと見極めることが必要です。宝くじではないですが、馬券なども運よりは馬の状態や騎手などから自分で判断しますよね。

 

必ず当てる方法について

宝くじにおいて必ず的中する方法はあるのか?

答えは「ある」です。
しかも必ず1等を的中させる方法もあります。

●必ず当てる方法●

・連番で1セット購入する

・必ず1等が当たる買い方をする。具体的には1ユニット(1000万枚)買う

まずは確実に当てる方法についてですね。
こちらはコツではなく、基本の部類に入りますね。

宝くじの売り場で購入する際に、10枚で「1セット」と呼ばれています。「連番」「バラ」の2種類が用意されていますが、これはどちらでもOKです。1枚は確実に当選します。

その理由ですが、5等は下1桁が当選番号になります。なので、10枚に1枚は確実に当たります。「バラ」でも、セットであれば番号の末尾の数字が0~9になるようにまとめられており、100%当選します。ただし、利益が出るのかは不明(笑)

1等を当てる方法についても簡単で、1等は1ユニットあたり1本なので、1ユニットをまるごと買えば必ず1等が当たります。

ご存じの方も多いですが、「○○ジャンボ宝くじ」は「組」と「番号」によって構成されています。これらは「01~100組までの100通り」で構成されてます。
そして「番号」は「100000~199999番までの10万通り」で構成されています。この「組」と「番号」の全ての組み合わせを「1ユニット」と言います。このユニット単位で購入すると確実に1等を当てることが可能です。ただし、1ユニットを購入するには”30億円”が必要になります。

〇〇ジャンボで1等が当たってもマイナスになりますね。

 

買い方のコツは?

上記にもありますが、基本的には運です。

しかし、高額当選者には共通点があります。

基本的には2つです。

●買い方と的中のコツ●

・高額当選が出ている場所で購入する

・保管場所にこだわる

これらの方法ですね。

高額当選が出ている売り場は何度も連続で出ています。これはオカルトではなく「よく当たるのは、よく売れるから」です。多く売れれば当然ですが、よく当たるというわけです。

保管場所についてですが、こちらは出来るだけきれいで清潔な場所に保管します。

保管場所などについては別の記事で紹介いたしますので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る