宝くじの税金で贈与税はどれくらいの金額?贈与税の求め方は?

スポンサーリンク

今回は贈与税についてです。

宝くじには税金が掛からないことで有名ですね。非課税なので税金を取られることなく、億万長者になるための最短距離といえるでしょう。

ここで気になるのは当選した後で大切な人にお金をあげる行為ですね。仮に6億円などが当たったら大切な家族などに分配したくなりますよね。しかし、この分配には贈与税がかかります。

贈与税はどれくらい?

宝くじは非課税です。

しかし、宝くじの中でもっとも注意すべきなのが「贈与税はかかる」という点です。家族や友人などに気前よくお金を振る舞っていると贈与税がかかるという罠に陥る可能性があります。

贈与税は110万円以下の金額には課税されませんが、それを超える金額については贈与税が掛かります。

金額が多ければ多いほど、税率があがります。

税率の計算方法と実例

平成26年までの速算表

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 50%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 225万円

1000万円を贈与する場合・・・

(1000-110)×40%-225=131
131万円の贈与税が必要です。

1億円を贈与する場合・・・

(10000万円-110万)×50%-225万円=4720万
4720万の贈与税が必要です。

 

ちなみにですが、平成27年から計算方法が変化します。

平成27年からの速算表

区分 200万円
以下
300万円
以下
400万円
以下
600万円
以下
1,000万円
以下
1,500万円
以下
3,000万円
以下
3,000万円
税 率 10% 15% 20% 30% 40% 45% 50% 55%
控除額 10万円 25万円 65万円 125万円 175万円 250万円 400万円

 

 

これらを参考にしてください。

贈与税は下手をすると非常に高額になってしまうので、注意してください、贈与税が発生するくらいの高額当選をしてみたいものですね(笑)

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る