宝くじの税金で夫婦の場合は贈与税が掛かるの?勝手にお金を分けちゃダメ?

スポンサーリンク

今回は宝くじの税金の中でも、夫婦について説明したいと思います。

夫婦で宝くじを購入する方はかなり多いですね。宝くじはその性質上大人が購入するものであり、年に2回サマージャンボと年末ジャンボだけを購入する夫婦が多数いらっしゃいます。

それはそれといて、宝くじの夫婦購入には疑問がでます。

夫婦で宝くじに購入し、当選したらその金額はどちらのものになるでしょうか。また、夫婦で共有することは可能なのでしょうか。贈与税は掛かるのでしょうか。

夫婦で購入したら税金は?

宝くじを夫婦で購入し、当選した場合についてです。

ここで気になるのは「贈与税」でしょうね。例えば旦那のほうが宝くじを購入し、高額当選したら妻もそのお金を使うことができるのか。また、旦那は妻にお金を無条件で贈与することができるのか。その贈与には贈与税がかかるのか。

答えましょう。

どちらかが購入したのであれば、当然その購入者(購入資金の負担者)が当選者となりますので、山分けすれば、当然贈与になります。

でも、夫婦で生活しているのは贈与税は嫌ですよね?

その場合は、”みずほ銀行に2人分の当選証明書を発行”してもらえばいいと思います。その場合は2人で行ってもいいですし、委任状でも構わないです。ややこしくなるので2人で行くことをオススメします。

重要なのは夫婦で購入し、夫婦で当選したと証明できればいいわけです

ちなみに2人で換金すると、それぞれ指定した口座に振り込んでもらうことも可能ですよ。とても便利ですね。

これを共同購入といいます。
※夫婦でなくとも友人との共同購入も可能です※

余談になりますが、夫婦で購入した後に例えば息子に当選金を贈与する場合は「贈与税がかかります」ね。

もっとも、ここで色々と書いていきましたが夫婦ならばあまり目立ったことをしなければ見つからないようです。

ただし、それはあまりにもリスキーなので夫婦で当選したのなら2人で換金に行くことをオススメします。勝手に贈与するのは税金が掛かるので辞めるべきでしょうね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る