宝くじの確率を別の出来事で例えてみました

スポンサーリンク

今回は宝くじの確率の例えです。

宝くじが当たる確率を日常にある出来事で例えてみました。しかしこの日常にある出来事で例えると、宝くじを購入したい気持ちがなくなりますね(苦笑)

日常の身近な出来事で例えると宝くじに対してのイメージが若干変化するかもしれないです。

宝くじの確率例え

まずは、主要となる宝くじの確率についてです。

ジャンボ宝くじの1等が当選する確率は「1000万分の1」です。

ロト6の場合は「609万6454分の1」です。

10億円で話題のTOTOBIGは「478万2969分の1」 です。

これが宝くじの確率が1等になる確率です。

確率の分母が高すぎてまったくわからないですよね。そこで色々な確率について調べてみました。

確率あれこれ

雷に打たれる確率         約1000万分の1

今年交通事故に遭って負傷する確率 約100万分の1

本日交通事故に遭って負傷する確率 約500万分の1

飛行機墜落の確率         約20万分の1

隕石に当たる確率         約100億分の1

四葉のクローバーが生まれる確率  約10万分の1

白いバッファローが生まれる確率  約600万分の1

DNAが一致する確率        約1000億分の1

参考になるかは不明ですが、このようになっていますが。

もっとも確率が低いのはDNAが一致する確率ですね。だからこそ、DNA鑑定が非常に効果があるのですね。ただ、このDNA鑑定は以前のもので最近のDNA鑑定はさらに精度が上がっているようです。

しかし比較したところ意味はあるのか(苦笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る