宝くじに当たったらどうする―34歳女性編―

スポンサーリンク

今回は28歳の女性から寄せられた意見です。結構現実的な意見でした。

宝くじの使い道を妄想するのが楽しい

私は普段から宝くじをよく購入しています。

楽天銀行の口座からサッカーくじのBIGを買ったり、宝くじ売り場に行ってはスクラッチなどを買っています。

昨年の年末には、1等前後賞合わせて7億円の年末ジャンボ宝くじを6千円分購入しました。

7億円も当たったら何に使おうかなと、夜眠る前によく妄想していました。
私が考えた7億円の使い道はこうでした。

まずは、5000万円くらいのマンションを購入します。

最新の電化製品や高級家具などを買うために、1000万円くらい使います。

現在、家族が借金をしているので、その返済のために300万円必要です。年金も滞納しているので、滞納分含めていくらか年金のためにとっておきます。

両親に親孝行をしたいので、両親に世界一周旅行をプレゼントするために3000万円くらい使います。

自分のためには、1000万円ほどでブランド物を買ったり、美味しい物を食べたりします。

宝くじが当たったら寄付をした方がいいので、東日本大震災の復興のために1000万円ほど寄付します。

残りのお金は家族4人で生活していくための生活費に使おうと妄想していましたが、年末ジャンボ宝くじの結果は600円しか当たりませんでした。

10万円くらいはもしかして当たるかもと期待していましたが、現実はこんなものでした。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る