宝くじが当たる人には特徴があるの?どういう傾向がある?

スポンサーリンク

宝くじを当てる人には特徴があるの?

恐らくは多くの人が最も気になっていることでしょう。宝くじで高額当選をして、人生をリタイアしたいと考えている人も多いはずです。

このサイトでは「当たる確率をアップする方法」について説明をしたことがあります。その方法をザックリ言うと、特徴的な買い方をすることです。また、宝くじを買い占めれば1等も当たると説明しました。

しかし、当然その買い方をするとマイナス収支となりますね(苦笑)

とはいえ、世の中には宝くじを買い占めるという方法ではなく高額当選している人がいます。その人たちは、実は似たような傾向があります。日本宝くじ協会のアンケートから当たっている人の傾向がわかります。

宝くじが当たる人

ここでは特徴を箇条書きにしていきます。

各項目の考察についてはすべて書いた後に触れていきたいと思います。

☆男性が1,013人(67.8%)、女性は482人(32.2%)

☆年齢は男女共に60歳以上が41.3% 、50~59歳が21.5% 、40~49歳が18.5%と高年齢者が多い

☆イニシャルは「K.S」「K.K」「M.K」、女性だと「K.K」「M.M」「M.S」が多い

☆星座は男性の場合は水瓶座、女性の場合は牡牛座が最も多い

☆血液型のトップは「A型」(39%)

☆1位は 「会社員」が610人、2位は「無職」で246人。後は「主婦」「自営業」

☆購入枚数を見てみると、「30枚」が19.8%と最も多く、次いて「10枚」

☆購入してから抽選までの保管場所は「机の引き出し」25.5%が最も多く、「神棚・仏壇」21.5%、「カバン・ハンドバッグ」10.6%、「タンス」9.1%、「財布」8.0%

☆購入歴は10年以上が最も多い

☆思考は前向きな人が多い

☆高額当選者は「夢を見た」などの予兆を感じている人が多い

☆猫を飼っていることが多い

こういった特徴があります。

これらの特徴ですが、気付いた方もいるでしょうが「単純に数が多いだけ」ですね。日本人はA型がもっとも多く、日本は高齢者が多いので高齢者の的中数が高いのも当然といえます。

注目したいのが「購入歴」と「購入枚数」ですね。

継続は力なり、といえますね。

さらに購入枚数ですが少ないほうが当たっています。ちなみに、このアンケートにはジャンボ系だけでなくロト6なども入っております。しかしジャンボだけで見ても購入枚数は同様で、買い目を絞っている人が当たっているという傾向があるとわかりますね。

高額当選のコツは購入枚数にあるといえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

ページ上部へ戻る